元の表示に戻す

眺望優良箇所調査システム

3次元地理情報システム(3D-GIS)

 

システム概要

立体地図上から現地と同じ眺望画像を生成できます。指定位置からの眺望を把握することにより、遊歩道の計画や管理、展望台位置の検討、観光施設の計画、景観シミュレーション等に活用できます。景観地の画像出力や資料作成・案内看板にも利用できます。

システム詳細

 

提供元

株式会社ウインディーネットワーク

 

このシステムに関するお問い合わせ、資料のご請求は「お問い合わせ・資料請求」のページへ