元の表示に戻す

Tengun Viewer

大量の高密度点群データをリアルタイムに表現する

 

システム概要

Tengun Viewerは、レーザースキャナー及びマルチビーム測深機などで計測した大量の高密度点群データを、リアルタイムに表現することができるソフトウェアです。Tengun Viewerを利用することで点群データをビジュアル化でき、さらに簡単な操作によりデータ抽出・分析・情報取得などを効率良く行うことができます。

導入メリット

5,000万点を超える大量の高密度点群データも高速表示し、どこからでも自由に確認が可能。地上から海底まで、あらゆる点群データの取込みが可能。点群データから距離の計測や断面の表示をしたりデータの色分け表示により、さまざまな分析が可能です。

 

システム詳細

■計測処理

指定した点群データの点間距離を計測します。連続して複数の点を指定し、計測結果を算出したり、2点間の傾斜角・勾配を表示します。また、指定した点のXYZをテキストファイルとして出力することができます。

■断面表示

点群データを切断し、断面を表示します。断面幅も指定することができ、切断面の移動も自由に行え、切断時グリッドの表示非表示・グリッドの線色・線幅・回転などの設定もすることができます。また表示した断面から距離計測をしたり、指定した点の距離・標高をLHファイルで出力することができます。

■データ読込み

X・Y・Z・輝度・R・G・B全てのデータを、ウィザード形式による簡単操作で変換し、読込むことができます。また読込むデータファイルの定義(区切り文字・開始位置・各カラムの対応など)を設定することにより、各社独自のオリジナルファイル形式のデータも読込むことができます。

■表示設定

点群データに対し、点の大きさや背景色等の様々な設定を行うことで、データをわかりやすい表示に変更することができます。また、計測時のオリジナルデータ・標高値別・輝度データ別に点群を着色表示できます。さらに標高値別着色については、自動着色機能があり、簡単な操作でより詳細な着色を行うことができます。

 

提供元

株式会社ウインディーネットワーク

 

このシステムに関するお問い合わせ、資料のご請求は「お問い合わせ・資料請求」のページへ