元の表示に戻す

「ほのぼの」シリーズ 要援護者台帳システム

「もしも」の災害時、要援護者の避難支援プランは万全ですか?
要援護者台帳システムが災害時の要援護者支援をサポートします。

 

システム概要

「要援護者台帳システム」なら、要援護者の情報を一元的にとりまとめ、必要な情報を分かりやすい書式で随時アウトプットすることが可能です。
さらに、「災害時安心サポートシステム」オプションを組み合わせることで、要援護者、避難所などの情報を地図上に自動で配置。ハザードマップ情報を登録することで避難経路図が作成でき、地域との情報共有が更に容易になります。

導入メリット

■地域包括システムからの情報取込による入力作業の省力化


■避難計画を速やかに作成可能


■避難経路図も同時に作成可能(オプション)

 

システム詳細

避難支援プラン作成画面・計画書

「要援護者台帳システム」では、要援護者の情報を一元的にとりまとめ、必要な情報を分かりやすい書式で随時アウトプットすることが可能です。 さらに、「災害時安心サポートシステム」オプションとの組み合わせにより、要援護者、避難所などの情報を地図上に自動で配置。ハザードマップ情報を登録することで避難経路図が作成でき、地域との情報共有がより容易になります。


特徴その1【地域包括システムからの情報取込】

弊社地域包括支援センターシステムの情報を要援護候補者情報として利用できますので、要援護者の基本的な情報入力は不要。情報入力の手間を軽減します。


特徴その2【すぐに作れる避難計画】

要援護者の心身状態、医療状況、避難先情報を登録するだけで、要援護者台帳と一緒に避難計画まで作成されます。要援護者の情報を確認しながら避難計画を作る二度手間はありません。


特徴その3【避難経路図も同時に】(オプション)

「災害時安心サポートシステム」なら、地図上に要援護者、避難所を自動的に表示。 危険箇所・範囲の登録も容易で、避難経路の検討が格段に容易になります。できあがった地図を印刷すれば、地域のハザードマップ・要援護者避難経路情報として活用できます。

 

提供元

NDソフトウェア株式会社

 

このシステムに関するお問い合わせ、資料のご請求は「お問い合わせ・資料請求」のページへ