元の表示に戻す

災害情報管理システム

被災情報を一元化・共有化し
迅速かつ的確な情報の伝達・収集・整理が可能

 

システム概要

災害時に必要とされるのは、早期段階で被害の全体像の把握と各種応急対策を実現化する事が理想です。
このシステムは、収集した被災情報を位置情報と共に現実の空間と同じ3D立体地図と関連付け一元管理し、リアルタイムに共有可能です。

導入メリット

災害対策本部イメージ

■情報収集管理

被害報告情報を迅速に収集登録します。

■意思決定支援

常時新しい情報を処理更新し、救助・救援の的確な意思決定を支援します。

■立体地図連携

被害情報を地図情報化することにより被害状況の的確な把握ができます。

■データベース管理

被害単位の情報管理とデータベース化による災害履歴管理を行います。

 

システム詳細

収集した被災情報は、位置情報と共に現実の空間と同じ3D立体地図と関連付け一元管理し、リアルタイムに共有することが可能です。時間の経過に伴い変化する情報及び対策活動についても、立体地図の特性を活かし、容易に判断可能な情報として管理することができます。よって、視覚的に状況が把握でき、災害対策本部での迅速な意思決定を支援することができます。

 

提供元

株式会社ウインディーネットワーク

 

このシステムに関するお問い合わせ、資料のご請求は「お問い合わせ・資料請求」のページへ