元の表示に戻す

鳥獣対策管理システム

防護柵、ワナの設置場所等の鳥獣対策データの管理、被害情報の通報による生息、被害状況の把握、事務処理の効率化

 

システム概要

防護柵設置場所管理、鳥獣被害通報機能、防護柵設置数量計算、防護柵補助金申請管理 、報奨金管理、鳥獣被害、生息・活動調査

導入メリット

必要な情報を地図上で把握できるため、防護柵の位置、罠の位置、 被害状況を総合的に確認・把握することが容易となり、地形条件 に応じて効率的な防護策の配置計画の作成が可能となります。  結果的に鳥獣被害を減らすことが可能です

 

システム詳細

プロデュースメディア-鳥獣対策管理システム

プロデュースメディア-鳥獣対策管理システム

 

提供元

株式会社プロデュースメディア

 

このシステムに関するお問い合わせ、資料のご請求は「お問い合わせ・資料請求」のページへ